NOAの小部屋

カテゴリ: 試行錯誤、恋?

 
e38d63e9.jpg

 
 
離れゆく巨船見てゐる冬隣
 
 
さむいですっ!夜は特に冷え込みますね…
皆さま、お風邪など引かれませんように。
さて、船の句は、初めて詠んだのですが、
少し例句を挙げてみます。
 




 
雪嶺よ女ひらりと船にのる  石田波郷
操舵室船長ひとり卯波見る  津田清子
破船より翔ちて帰燕に加はれり  鷹羽狩行
今朝の秋幽霊に酒たてまつる  下條杜志子
船内や百合の蕾の短きこと  飯島晴子
 
雪嶺と船と身のこなしの軽い女…石田波郷、素敵だ…。
 
津田清子の操舵室に船長がひとり…爽やか☆
鮮やかな光景と共に波音も聴こえてきそうです。
 
船内や/百合の蕾の短きこと 飯島晴子
船内から、突然活けてある百合の蕾にズームアップするのですね。
意外性がいいです。
 
 
f457a7ae.jpg

 
こちらは、俳句とは全く関係ないですが、
新しい布を買ったので、在庫を整理していたら、
半端な長さのラミネートクロス
(ビニールコーティングされている)を、各種発見
簡単な型紙を起こして、
ペンケースやミニポーチに仕立てました。
 
柄は、分かりにくいですが、kayo horaguchiさんで、
咲き乱れる草木に佇むシマウマがデザインされています。
このシマウマが気に入っちゃって!
同じデザインでWガーゼを買い、
ハンカチにして夏は使い倒しました…♫
 
…最近、手芸の神が降りてきてます。
…マフラー1本編んだし、今度は何を作ろうかな~…

 
 
 

 
加山又造『月』
42fe3988.jpg

 
 
 
月光に五臓ゆさぶられてをんな
 
風花や靴と大和と一升瓶
 
 

 
 
昨日、ネット上で、偶然見つけた言葉が頭に残っている…
 
良い俳句とは、単に出来の良い俳句のことを言うのではない。
その人の成長が見える俳句を、良い俳句と言うのである。
 
…しばし、考え込んでしまった…。
…そうか…そうなんだ…!
 
停滞が続いて、先が見えなくなるような時もあるけど。
だけど、少しでも進歩のあとが見えれば…
 
…という訳で、加山又造三昧~


 
 
加山又造『レースをまとった人魚』
b236fc97.jpg

 
俳句の進み方というものは、なだらかな道をゆっくり歩いて、
自然に高い所へ登るというものではなくて、
途中でいくたびか断崖に出あい、それを跳び越えることによって、
一段高い所へ出るーというような進み方をするのです。
断崖を厚い壁と言い換えてもよいでしょう。
壁を廻って向こうへは出られず、それを突き破ることによって、
さらに広いところへ踏み出せる訳です。
                      「水原秋櫻子」
 
 

 
d846eb82.jpg

 
 
 
秋の朝きみのパジャマの匂ひかな
 
秋冷や武者震ひして山の人
 
 
 

 

 
 
 

 

 
 
くちびるの想い出にがし曼珠沙華
 
あやふさのはみ出してをり彼岸花
 
 
先日から、彼岸花を詠もうと思っても、なかなか形にならず、
苦戦しております。
まだ推敲中ですが、特に自信のない方が、
字も小さくなってます~…
 

 
 
 
 
しかし…PCの調子が悪いと思っていたら、
急にプン♪という軽やかな音と共に画面が真っ暗に…。
ひー!修理に出さなきゃ。。

それとも、買い替え…

 
その間、激遅(笑)の予備のノート君に出動してもらいます~。
もう一台デスクトップがあるのですが、それは仕事に使うので、
ウィルス感染のリスクを考えて、ネットには繋いでいないのです。
 
だけど、この激遅君の遅いのなんのって…


コピー&ペーストのコピーの所だけで1分ぐらい掛かってます…。
忍耐力を養うには良いかもしれない…(苦笑)
 
しかも、こういう時に限ってミスタッチも多く、
「まんじゅしゃか」を一文字多く打って、「饅頭釈迦」様ご登場~。
以前、音量調節の誤変換で「怨霊調節」
と出て笑ってましたが、
今回はそんな余裕もなし~


 

 
…という訳で、PCの調子次第ですが、
皆様へのご訪問が滞りがちになるかもしれません。
m(__)m
(コメントいただいた方の所には、必ずお邪魔させていただきますね。)
 
 
この歌、ドラマにぴったり…
JUJU、色んな魅力を見せてくれますね。

 

 
William Adolphe Bouguereau

 
 
秋めける森の香りのソープかな
(秋めける森の香りのサボンかな)
※当初はサボンにしていました。今も迷っています。
同じ意味ですが、サボンで通じるのかどうか…。
 
新涼や耳に含みのあることば
 
さよならを書いては消しぬ鱗雲
 
 
宇宙戦艦ヤマト エンディング
 
良い曲です…。

古代進、森雪、沖田艦長…甦る…

 
少しずつ色を変える空を二人眺めてた
未来(あす)の約束もないまま
繋いだ手握り返した
終わりにしたほうがいいって 頭でわかっても
心が言うことをきかなくて
あなたをなくしたら 
明日(あした)に何を思えばいい?
教えてよ
 

このページのトップヘ