シャガール展!行ってきました~♪
今回は、オペラハウス、美術館、教会、大学、病院など
公共空間を飾るモニュメント的な作品に焦点を絞った展示でした。
天井画や壁画、タピストリー、モザイク画、ステンドグラスなど…。
未公開作品が多く含まれていたようです。
 
141466fa.jpg

 
60歳を超えてもなお、
新たな技法で巨大なスケールの作品に挑み続けた、
旺盛な制作意欲と才能には驚かされました。
シャガールの凄さ…やっと分かったような気がします…。
 
彼もピカソと同じで長生き、97歳まで生きています。
ピカソと並んで陶器を制作している写真もありました。
↓左がピカソ、右がシャガール。
 

 
中でも印象に残ったのが、
パリの国立オペラ座(オペラ・ガルニエ)の天井画です。
 
99de2282.jpg

 
写真が拙くて見にくいと思いますが、
この豪華絢爛なオペラ座の雰囲気と、
シャガールのふわふわと幻想的な絵が、意外にも
ぴったりとマッチしているのがおわかりでしょうか…?
 
天井画というと真っ先に、システィーナ礼拝堂などを手掛けた
ルネサンスの巨匠ミケランジェロを思い出すのですが、
そういった重厚な雰囲気とはまるで違うシャガールの絵が、
こんなにも合っているのが驚きでした。
 
一番最初に天井画を描いた画家、ジュール=ウジェーヌ=ルヌヴは
ルネサンス期を思わせるような画風に見えます。
シャガールが注文を受けることによって、
彼の絵画が取り外されることになるので、
最初は受注を逡巡したようです。
 
 依頼は1963年、当時の音楽大臣アンドレ・マルローによるもので、
当時フランス国内で大きな話題になりました。
 
e0cb5154.jpg

 
↑こちらは、天井画だけを撮影したものとなります。
音楽史を飾る数々の舞台作品をテーマにしたこの天井画は、
完成までにおよそ1年を費やし、
多くの下絵やスケッチが残されています。
 
f52f851b.jpg

 
天井画の下描きの一部。
それぞれ色別のパートでテーマが別れています。
このちょうど真上の緑の部分が、前回のシャガールの句の記事で
ポスターになっていた部分です。
こんな下描きを、莫大な枚数残しています。
 
419b1451.jpg

 

 
シャガール制作中の風景。
椅子に座って描いたり、中腰で描いたり…
ミケランジェロのように、首を真上に反らせて、
天井に直接描いていた訳ではないんですね。
それなら、疲れ具合も身体の痛み具合も全然違うでしょうね。
 
a5a07fce.jpg

 
最終的には、こんな風に台を組んで、
パリの大きな格納庫で、最後の調整をしていたようです。
 
そして、彼はそのパリオペラ座で上演されたバレエ、
「ダフニスとクロエ」の舞台装置と衣装のデザインも手掛けています。
 
523b5d5b.jpg

 
多才ですね~!この背景も勿論シャガールの作品です。
 
664342cc.jpg

 
右側のページにあるのが、衣装デザインのラフスケッチになります。
実際に展示されている衣装を見ましたけど、
非常に個性的でユニークなデザインでした。
近くで見ると、ちょっと大雑把(?)
遠くから見ると映えるのかな…という印象です。
 
このオペラ座の仕事をきっかけに、
公共施設での受注が様々に舞い込んでくるようになったようですね。
 
人生の最後の30年間、今まで手掛けたことのなかった領域に近づき、
新たな手法で絶えず刷新される比類のない作品を
鍛え上げていったシャガール。
まさに知られざる彼の一面を堪能できた展覧会でした。